看護師の仕事内容は給料に合ってる?

高齢化社会に向けて、今後も、看護師の需要は増えてくるものと思われます。

昨今の動向は、病院以外の介護施設などでの需要が伸びており、更に、労働者派遣法の改正により、「派遣看護師」という求人、採用が増加しております。

「派遣看護師」の誕生で、看護師の需要が伸びたかといえば、実は、そう伸びておりません。

ですから、個人病院など給料が低い病院では、看護師の確保が難しく、少ない人数で、夜勤、深夜勤務をこなさなければなりません。

少ない給料で働いてくれる看護師一人一人の肩に、その負担が増加しているのが現状のようです。

また、最近、ニュースなどでよく耳にする医療ミスについてですが、看護師の激務の裏に、わずかな伝達ミスや医療事故に繋がるミスがあるのでは・・・?と思いませんか?

医療の現場では、絶対に、ミスは許されません!が、激務が、看護師の精神、体力を奪い、その負担の中で発生しているのであれば、雇用主の責任です。

医療の現場の最大の課題である人員確保が、その病院の生命線を握っていますので、最新の機器を導入し、人員を減らす処置をとるか、または、看護師の労働条件の見直しが急務なのです。

今後の高齢化社会を支える医療の現場での人員確保の問題は、わたし達が想像するよりも深刻な問題のようですね。