看護師の給料は良いが今後の需要は?

日本は、高齢化社会です。

今後も、高齢者の数は増加し、若者の数は減少していくのが、素人目にも見えております。

高齢者の数が増加すると、介護、看護の手が必要です。

これは、しごく当たり前の図式で、日本政府が少子化対策を問題視しており、その政策に躍起になり、取り掛かっておりますが、今だ何ら、解決の目途も立っていないのです。

解決策がないため、総合病院や大手個人病院は、求人、採用にも力を入れており、ハローワーク、求人情報誌などを見ますと、看護師が住む寮やアパート、マンションなどを確保し、住まいを完備、給料面なども応相談の病院もあり、看護師の獲得に必死のようです。

人柄、ウデの良い質の高い看護師は、ウデの悪い看護師3人分の仕事を賄うのだそうです。

看護師だけは、山のにぎわいでは、役に立たないのが現実なのですね。

今は、以前のように、給料だけを上げても、質の高い看護師は雇用できないのです。

福利厚生面を確実なものとし、無理のない体制で勤務させ、満足のいく給料、年収を用意し、達成感のある仕事内容が求められているのかもしれません。

サービス精神の豊富な親切で明るい人柄の看護師さんがいれば、その病院に通いたいと願うことは、誰しも同じですものね。